読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#12 中学受験と親の役割

中学受験の成功を握るのは塾でなく親御さんの様に思います。


まず何よりも先に、お子さんにとって私学に行くことが本当に向いているかをちゃんと判断出来ているかです。


私学にはメリットも沢山ありますが、勉強の量や校風が合っていないと6年間落ちこぼれとして過ごしたり、また塾に通わなければならなかったりと、子供にとって可能性を潰してしまう場合もあります。


次に、その子に合った塾を見つけてあげることです。


何でもかんでも大手に通わせたがる親御さんがいらっしゃいますが、大手の集団教育は成績がそれなりに良い子に向いている様に思います。


しっかりとしたサポートが必要な子にはマンツーマンや少人数制の塾へ通わせてあげましょう。


そして、その子に合った志望校を選べていますか?


より偏差値の高い学校に入れたいのはわかりますが、あまりに無謀な挑戦は危険でしかありません。

メデイアで有名になった落ちこぼれが有名校に合格した話しなどは確率で言ったらほんのわずかなのですから。


そして最後は親御さんのサポート力です。


勉強しやすい環境や、健康を考えた献立、その子にとって必要であれば予習や復習を一緒にやってあげるなどがありますが、何よりも大切なのは親御さん自身が親として子供に「勉強しなさい」と言える様な生活を送っているかです。

「携帯ばかりみてる人に勉強しろって言われたくない」

「家きたないしゴロゴロしてる人に勉強しろって言われたくない」

私が良く聞く子供達の声です。


子供は親の背中を見て育つ

子は親の鏡


子供に勉強させる前にご自身の事を見直しましょう。


kodomonokimochi先生


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村