読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#3 発達障害の疑いがあった時にどうしますか?

*高3 男子 R君


R君 「先生!僕、ADHDでした」

彼と出会ったのは高1の時、高校の出席日数が足りずに退学し通信制に通い始めた時でした。


とにかく遅行、無断欠席、多弁、忘れ物の多い生徒でした。


ADHDの告白をされた時、私の心の中で
「やっぱりな」とスッキリしたものです。


私 「原因がわかって良かったね!ちなみに今まで引っかかった事なかったの?」


R君 「実は、幼稚園 小学校 中学校 と疑いがあったんですけど、2回は父親が認めなくて、1回は多分大丈夫って診断でした。」


年齢によっては見極めが難しいらしいのですが、親が認めなかったら先に進めません。


最近、流行りのタラレバになりますが

あの時、発達障害の疑いを危惧して専門機関へ行ってレバ。

ちゃんと療育に行っていタラ。


彼の人生は違っていたでしょう。


発達障害の疑いを指摘されたら専門機関へ行きましょう!!

発達障害についてはまだまだお話ししたい事があるのでそれはまた後日。

kodomonokimochi先生
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村